よくある質問

Frequently asked questions about CCC and macOS Catalina

Product: 
ccc5

If you have applied the macOS Catalina upgrade, you may have noticed a new volume on your Mac, "Macintosh HD - Data". This new volume is part of a volume group, which is a new concept in macOS Catalina. We discuss volume groups in detail here, but the remainder of this article aims to answer your questions about how CCC handles this new volume structure and what you have to do, if anything, to adjust your backups for macOS Catalina.

Why does CCC say that my Mac is booted from a backup volume?

Product: 
ccc5

If you boot your Mac from a backup volume, CCC will be started upon login to ask whether you'd like help restoring from that backup volume. Sometimes, though, this offer is made when you're booted from a production volume, not a backup. CCC makes this assessment based on your currently-defined backup tasks. If you used CCC to migrate from one drive to another, then the task that you used to perform that clone will still be present on your new startup disk.

レガシーSafetyNetフォルダは、スナップショットがコピー先で有効の場合、使用されません

Product: 
ccc5

SafetyNetはコピー先ボリュームのデータを保護することを目的としたCCCのユニークな機能です。この機能がデザインされた最も一般的な目的は、誤ってコピー先ボリュームとして選択されたボリュームの内容を保護することです。そのボリュームの内容を即座に削除する代わりに、CCCはその内容を“_CCC SafetyNet”という名前のフォルダに保管します。設定の間違いに気づいたら、SafetyNetフォルダからファイルを復元して、バックアップタスクの設定を訂正するだけです。

SafetyNetの機能は、“アーカイブされる必要のある古いデータ”と“ソースのデータセットと全く関係のないコピー先のデータ”の違いを知ることはできません。これらのファイルは同じ保護を提供されているので、多くのユーザーはSafetyNet機能をファイルの古いバージョンの復元の手段として利用しています。SafetyNetフォルダは本来この目的のためにデザインされていませんので、この目的で使用される場合多くの弱点があります。にも拘わらず、ファイルの古いバージョンをSafetyNetフォルダで探すユーザが増え続けています。

System problems can lead to a failure to install CCC's helper tool

Product: 
ccc5

Configuration files for privileged helper tools are placed in the /Library/LaunchDaemons folder on your startup disk. CCC never touches this folder directly, rather it uses the macOS "Service Management" service to install and load its helper tool configuration. If the permissions or ownership of this folder are incorrect, however, the Service Management daemon (smd) will fail to install the helper tool configuration, and this service offers no recourse, nor even a notification that something is wrong that should be corrected.

1台のコンピュータをバックアップし、そのクローンを使用して別のコンピュータを復元できますか。

Product: 
ccc5

答えは概しておそらくできますです。しかし、警告があります。

ご使用のコンピュータに元々搭載されている、より古いバージョンのmacOSをインストールしないでください。

Appleから新品のMacを入手した時点で、MacにはmacOSの特定のバージョンがインストールされているだけでなく、Macのそのモデル固有のビルドがなされています。OSの古いバージョン、またはビルドをインストールすると、例えば古いMacをそれにクローンすることで、予期しない動作を引き起こすか、あるいは、全く起動しないという可能性もあります。新しいMacが新品の場合、“移行アシスタント”を使って新しいMacにデータを移行してください。

用語集

Product: 
ccc5

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z

Can I run my backups more frequently than Hourly?

Product: 
ccc5

CCC offers hourly, daily, weekly, and monthly scheduling options, which suits the needs of most users. Some usage scenarios, however, demand higher frequency backups. For example, photographers might prefer to have their SD cards offloaded to a tethered computer every 5-15 minutes during a photo shoot. When the shoot is complete, though, the backup task should not run at all. Special cases like these demand more flexible execution options, which can be achieved by leveraging CCC's built-in command-line utility.

CCCはBootCamp (Windows) パーティションをバックアップできますか。

Product: 
ccc5

CCCはBoot Campパーティションの内容をバックアップできますが、パーティションの起動可能なクローンを作成することはできません。Boot Campパーティションにあるユーザデータをバックアップすることが目的であるなら、CCCはそのニーズを満たすことができます。もし、Boot Campパーティションを新しいハードドライブに移行することが目的である場合、別の選択肢を考える必要があります。WinClone、またはBoot Campから移行する方法を提供する仮想化ソフトウェアなどはその例です。CCCはWindowsのシステムファイルまたはアプリケーションのバックアッまたは復元を処理できるようにデザインされていません。

Windowsのシステムファイルのコピーを回避

WindowsのシステムファイルがNTFSボリュームでアクセスされた時にmacOSがクラッシュするという報告を受けました。この問題に遭遇した場合は、Windowsのシステムファイルをバックアップタスクから除外してください:

CCCからコピー先がいっぱいという報告がありました。この問題を回避するにはどうすればいいですか。

Product: 
ccc5

デフォルトで、CCCはそれぞれのバックアップタスクの最初に、コピー先の空き容量が25GBを確保できるようにSafetyNetの削除制限を設定して開始します。CCCは必要に応じて自動的にその制限の上限を上げます。CCCのデフォルトSafetyNet設定を使用しないで、“コピー先がいっぱいです”というエラーに遭遇する場合、“高度な設定”でより緩やかな削除制限を適用する必要があります。コピー先で必要とされる空き容量は、平均的に1日で編集されるファイルサイズによって異なります。一般的に、通常バックアップタスクの間コピーされるのと同じ容量がバックアップタスクの開始時(削除完了直後など)に利用できるようになっている必要があります。つまり、CCCが通常9GBのデータをコピーしていても、たまに14GBまで増加することがある場合には、削除の設定をその最大値に対応できるように(例えば、最低15GBの空き容量を残しておく)設定する必要があります。特に大容量のファイルを定期的に変更するような場合は、1回にコピーされるデータ量は最小でもかなり多くなります。例えば、日常的に80GBのWindowsの仮想コンテナを使用している場合、毎日のバックアップタスクの間にコピーされるデータ量は少なく見積もっても最低80GBになるので、その分を削除設定で対応しておく必要があります。

Can I run backup tasks while my system is on battery power?

Product: 
ccc5

CCC can run backup tasks while the system is running on battery power, but will not (by default) start automated tasks when your laptop is running on battery power. Backup tasks generate a lot of disk read and write activity, and that can run your battery down. Additionally, macOS tends to aggressively put the system to sleep when it's on battery power, causing task completion to be deferred until the system is awoken.