トラブルシューティング

macOS Catalina Known Issues

Product: 
ccc5

Emerging issue: macOS may fail to create disk images on some SMB volumes

We have received several reports that macOS is unable to create disk images on SMB volumes hosted by various NAS devices (e.g. FreeNAS device, Western Digital MyCloud Home and QNAP). If you attempt to create the disk image in Disk Utility (for example), Disk Utility reports an "RPC Error".

Why does Finder prevent me from viewing the home folder on my backup when it's attached to another Mac?

Product: 
ccc5

We are currently tracking a Finder bug in which the Finder incorrectly determines your access to some folders. The issue occurs when an "access control list" is applied to a folder and when ownership is disabled on the backup volume. Ownership is disabled by default when you attach your backup volume to a different Mac, and the folders in your home directory each have an access control list, so we often see this problem when trying to access the contents of the home folder on a backup disk when that backup disk is attached to some other Mac. Here's what you might see in the Finder:

High Sierra Testing and Known Issues

Product: 
ccc5

Baseline Testing

CCCからコピー先がいっぱいという報告がありました。この問題を回避するにはどうすればいいですか。

Product: 
ccc5

デフォルトで、CCCはそれぞれのバックアップタスクの最初に、コピー先の空き容量が25GBを確保できるようにSafetyNetの削除制限を設定して開始します。CCCは必要に応じて自動的にその制限の上限を上げます。CCCのデフォルトSafetyNet設定を使用しないで、“コピー先がいっぱいです”というエラーに遭遇する場合、“高度な設定”でより緩やかな削除制限を適用する必要があります。コピー先で必要とされる空き容量は、平均的に1日で編集されるファイルサイズによって異なります。一般的に、通常バックアップタスクの間コピーされるのと同じ容量がバックアップタスクの開始時(削除完了直後など)に利用できるようになっている必要があります。つまり、CCCが通常9GBのデータをコピーしていても、たまに14GBまで増加することがある場合には、削除の設定をその最大値に対応できるように(例えば、最低15GBの空き容量を残しておく)設定する必要があります。特に大容量のファイルを定期的に変更するような場合は、1回にコピーされるデータ量は最小でもかなり多くなります。例えば、日常的に80GBのWindowsの仮想コンテナを使用している場合、毎日のバックアップタスクの間にコピーされるデータ量は少なく見積もっても最低80GBになるので、その分を削除設定で対応しておく必要があります。

バックアップのたびに、CCCがすべてのファイルを再コピーするのはどうしてですすか。

Product: 
ccc5

CCCはソースとコピー先で異なる項目のみをコピーするよう設定されています。つまり、バックアップタスクを完了後、次の日にもう1度実行した場合、CCCは最後のバックアップタスク後に作成または変更された項目のみをコピーします。CCCはそのサイズと変更日を使用してファイルが異なるかどうかを判断します。もしファイルのサイズまたは変更日がソースとコピー先でまったく異なる場合、CCCはそのファイルをコピー先にコピーします。

CCCがすべての ファイルを再コピーしていると結論付ける前に、CCCのタスク履歴ウインドウからもっとも最近完了したタスクを開き、ソースのデータセットの合計サイズコピー済みデータの値を比較してください。例えば、2から5GBほどのファイルが、たとえ、ソースボリュームになんの変更も加えていないように思える時でさえ、毎日のバックアップでアップデートされることは珍しくありません。macOSはさまざまなキャッシュとログファイルを休みなくアップデートしています。そしてこれらが1日の終わりには実に蓄積されているのです。コピーされたデータ量が総データセットのほんの一部だとするなら、コピーされたデータ量はおそらく正常です。

"The task was aborted because a subtask did not complete in a reasonable amount of time"

Product: 
ccc5

Occasionally a backup task can stall if the source or destination stops responding. To avoid waiting indefinitely for a filesystem to start responding again, Carbon Copy Cloner has a "watchdog" mechanism that it uses to determine if its file copying utility has encountered such a stall. By default, CCC imposes a ten minute timeout on this utility. If ten minutes pass without hearing from the file copying utility, CCC will collect some diagnostics information, then stop the backup task. Our support team can analyze this diagnostic information to determine what led to the stall.

Why can't I eject the destination volume after the backup task has completed?

Product: 
ccc5

The disk Backup wasn't ejected because one or more programs may be using it.

Occasionally this annoying message comes up when you're trying to eject your destination volume. If CCC is currently using that volume as a source or destination to a running backup task, then CCC will effectively prevent the volume from being unmounted gracefully. If your backup task isn't running, though, CCC isn't preventing the volume from being unmounted. But what application is?

Carbon Copy Cloner アプリケーションが見つかりません!

Product: 
ccc5

この記事の内容は、CCCのヘルパーツールによって自動的にこちらに移動された場合のみ該当します。CCCのヘルプをブラウズしていてこのページにたどり着いた場合、以下の内容はおそらく該当しません。

この記事に自動的に移動された場合、CCCの権限ヘルパーツールが、CCCのアプリケーションバンドルを見つけることができないためにCCCのバックアップタスクを実行できません。これには2つの理由が考えられます。それぞれのシナリオの解決策が以下に表記されています。

Carbon Copy Cloner アプリケーションバンドルが誤って削除されてしまった場合

CCCを意図的に削除していない、そしてCCCのバックアップタスクを継続して実行したい場合、以下の手順に従ってCCCを再インストールしてください:

Troubleshooting slow performance when copying files to or from a network volume

Product: 
ccc5

Network performance is usually the bottleneck of a backup task that copies files to or from a network volume, but there are several other factors that can affect performance as well. Here are some suggestions for improving the performance of your NAS-based backups.

Where can I find CCC's log file?

Product: 
ccc5

It is our aim to have the Task History window provide the user with enough information to find and troubleshoot any problems they're having with their backup tasks. For debugging and support purposes, however, CCC logs its activity in the following files: