Product: 
ccc6

CCCは非独占のバックアップを作成します。つまり、ソースとコピー先をCCCタスクに設定する際、その目的はソースとコピー先で同じファイルを、同じ階層の順序で所有することです。その目的を達成するために、CCCはソースファイルと全く同じコピーをコピー先に作成します。また、ソースにないコンテンツをコピー先から削除します。コピー先からコンテンツを削除することは、コピー先ボリュームを選択する際に考慮すべき重要なことです。コピー先にソースと関連のないコンテンツがすでにある場合、そのコンテンツは消去されるか、場合によっては完全に削除される可能性があります。

1つのボリュームをバックアップタスク専用にする

それぞれのバックアップタスクに専用のバックアップボリュームを準備することをお勧めします。バックアップディスクに他のデータ (つまり、バックアップしているソースと関連のないコンテンツ) を保管したい場合、CCCのコピー先として指定されていない、別のボリュームにそのデータを保管してください。CCCの次の知識ベース記事でディスクユーティリティにボリュームを作成する方法を紹介しています:

ボリュームまたはパーティションをバックアップディスクに追加するには

ユーザに優しいCCC SafetyNet

CCCがファイルをコピー先にコピーする際、コピー先にすでにあるファイルをどうにかする必要があります。デフォルトで、CCCは“SafetyNet”と呼ばれる機能を使って、ファイルとフォルダをコピー先に一時的に保護する機能を提供します。3つのカテゴリに分かれます:

  • 置き換えられたファイル:バックアップタスク中に置き換えられたファイル
  • 削除された項目:ソースにはないファイルとフォルダ (例えば、ソースから削除された、または、バックアップの範囲外でコピー先に保管された)
  • ルートレベルの項目:コピー先のルートレベルにしか存在しないファイルとフォルダ

SafetyNetの設定は、コピー先アイコンに適用されたバッジによってわかります:

  • SafetyNetがオン
  • SafetyNetがオフ

SafetyNetの設定にアクセスするには、コピー先セレクタをクリックして、SafetyNetのサブメニューから選択してください。指定したSafetyNetの設定次第で以下の結果を期待できます:

SafetyNetがオンの場合

  • 置き換えられたファイル:削除されますが、SafetyNetスナップショット、または、"_CCC SafetyNet"フォルダに一時的に保持されます
  • 削除された項目:削除されますが、SafetyNetスナップショット、または、"_CCC SafetyNet"フォルダに一時的に保持されます
  • ルートレベルの項目:“ルートレベルの項目を保護”が有効な場合、コピー先に残りますが、そうでない場合は、削除されます。しかし、SafetyNetスナップショット、または、"_CCC SafetyNet"フォルダに一時的に保持されます

SafetyNetがオフの場合

  • 置き換えられたファイル:置き換えファイルがコピー先に問題なくコピーされると、即座に削除されます
  • 削除された項目:即座に削除されます
  • ルートレベルの項目:“ルートレベルの項目を保護”が有効な場合、コピー先に残りますが、そうでない場合は、即座に削除されます

“何も削除しない”の場合

  • 置き換えられたファイル:削除されますが、SafetyNetスナップショット、または、"_CCC SafetyNet"フォルダに一時的に保持されます
  • 削除された項目:コピー先に残ります
  • ルートレベルの項目:コピー先に残ります

“何も削除しない”のオプションは、コピー先の何かを喪失することを避けるための最も保守的で望ましい方法のように思われる一方で、この方法は今後の復元アクティビティを非常に長く面倒なものにすることを念頭に置いてください。ソースから削除されたコンテンツをコピー先から削除することをCCCに許可していない場合、そのコンテンツはコピー先にどんどん溜まり、“現在の”すべてのコンテンツと混ざり合ってしまいます。アーカイブしたコンテンツをバックアップディスクに保管したい場合、その目的に特化した別のボリュームをバックアップディスクに作成することをお勧めします。

SafetyNetからコンテンツを復旧するには

SafetyNetは、一時的な保護です。SafetyNetは 現在のバックアップタスクイベントの一時的延期としてデザインされています。バックアップタスクイベント中、そのコンテンツはすぐに削除されませんが、将来のタスクイベントで削除の対象になります。ですから、SafetyNetからコンテンツを復旧したい場合、他のバックアップタスクが実行される前に、それを終えることが重要です。

コピー先ボリュームでスナップショットのサポートが有効になっている場合、コピー先セレクタをクリックして、“{volume name}のスナップショットを管理”を選択し、そのボリュームのスナップショットの設定を開いてください。SafetyNetのスナップショットは、上記のようにSafetyNetのバッジアイコンで示されています。スナップショットをダブルクリックすると、Finderにそのスナップショットボリュームが表示されます。SafetyNetのスナップショットからファイルを復旧する全手順はこちらからどうぞ:SafetyNetのスナップショットからファイルをコピー先に復元するには

スナップショットのサポートがコピー先ボリュームで有効になっていない場合、コピー先セレクタをクリックして、“データボリュームを表示” (このオプションが表示される場合)、または、“Finderに表示”を選択してください。SafetyNetのコンテンツが存在する時には、コピー先ボリュームのルートレベルに"_CCC SafetyNet"という名前のフォルダが表示されます。そのフォルダからコンテンツを復元するには、そのファイルを残しておきたい場所にドラッグ&ドロップしてください。

SafetyNet機能が無効で、コンテンツがコピー先から削除されると、そのコンテンツは復旧不可能です。同様に、一旦SafetyNetのコンテンツがその後のバックアップタスクで削除されると、そのコンテンツは復旧不可能です。

“その他”のデータをバックアップボリュームに残しておく一般的な考え方

代わりのない、かけがえのない大切なデータのバックアップタスクには、それ専用のボリュームを確保されることを強くお勧めします。他のどこにも存在しないバックアップボリュームにデータがある場合、それはバックアップされていません!CCCと使用するためにボリュームを対象とする場合、何らかの正当な理由でいくつかのファイルが削除されてしまうリスクが常に伴います。CCCはデータが喪失されることから保護するためのオプションや警告を提供します。しかし、CCCの誤った使用や、提供される機能を誤って理解したことで起きるデータの喪失を防ぐことはできません。

関連ドキュメント