Mac全体をTime Capsule、NAS、またはその他のネットワークボリュームにバックアップしたいのですが…。

Printer-Friendly Version
Product: 
ccc5

Time Capsuleやその他のネットワークストレージアプリケーションは“個人用クラウド”ストレージ共有を提供することで、大変人気を得ています。当然、このストレージはバックアップのコピー先として魅力的に映ります。ケーブル接続なしですべてをバックアップできるという考えに心を奪われそうになるでしょう。事実、このストレージはメディアファイルの共有には非常に適しています。しかし、大容量のデータをバックアップするのは、macOSのシステムデータをこれらのデバイスにバックアップするのと同様、実用的にも物理的な移動の観点からも障害があります。また、ネットワークボリュームからフルシステムバックアップを復元するにも物理的な移動の観点からハードルとなるでしょう。以下に、macOSシステムファイルをネットワークボリュームにバックアップする方法を説明します。その後、この方法が持つ制限とパフォーマンスの予想をご説明します。

起動の可能性 (bootability)について: ネットワークボリュームに保管されているバックアップからMacintoshを起動することはできません。起動可能なバックアップを必要とするのであれば、 またはシステムファイルを復元する必要がこの先1度でもあるとすれば、Macに直接接続された外部ハードドライブエンクロージャを使用して、起動可能なバックアップを作成する必要があります。

macOSをネットワークボリュームにバックアップするには

ドキュメントのこのセクションで説明したように、CCCはシステムファイルをローカルに接続された HFS+、またはAPFS ファイルシステムに(または、ファイルシステムから)のみバックアップします。この必要を満たすために、CCCがコピー先のネットワークボリュームにディスクイメージを作成するよう設定することができます。ディスクイメージとは、別のハードドライブの内容を含むシングルファイルです。ディスクイメージファイルをダブルクリックすると、まるでMacに直接接続された外部ハードドライブであるかのように、ディスクイメージのボリュームがローカルにマウントされます。CCCでディスクイメージをバックアップするには:

  1. ソースセレクタからソースボリュームを選択します。
  2. “新規ディスクイメージ…”をコピー先セレクタから選択してください。
  3. データのバックアップをアーカイブするつもりがない場合、読み取り/書き出しが可能な“スパースバンドル・ディスクイメージ”ファイル*を作成するオプションを選択してください。
  4. ディスクイメージファイルを保存する場所を指定しします。新規ディスクイメージの保存ダイアログ**のサイドバーにネットワークボリュームが表示されます。
  5. “クローン”をクリックすると、CCCはバックアップボリュームにディスクイメージを作成し、指定されたデータをバックアップします。タスク完了後、ディスクイメージがマウント解除されます。

* このオプションが利用できない場合、代わりにスパースイメージファイルを作成するオプションを選択してください。しかし、NASデバイスの中には大きなサイズのsparseimageディスクイメージを格納できないものもありますので、注意してください。sparseimageディスクイメージは大きな、モノリシックなファイルで、NASデバイスの中には4GBまたは2TBのファイル制限があるものもあり、ディスクイメージにバックアップできるデータ量を制限する結果になります。CCCは2TBより大きなsparseimageディスクイメージの作成をサポートしていません。

** ネットワークボリュームへのアクセス権を得るための手順は、macOSヘルプセンターから利用できます。ネットワークボリュームがCCCのソースまたはコピー先メニューに表示されない場合、アクセスしたいストレージデバイスに添付されたドキュメントを参照するか、Finderのヘルプメニューから“ヘルプセンター” (Yosemite以降は“Mac ヘルプ”) を選択し、“サーバに接続する”を検索してください。

ネットワークボリュームにバックアップする際のパフォーマンスの予想

“利便性”と“速さ”は通常相伴うものですが、ネットワークボリュームへのバックアップに関しては必ずしも当てはまるものではありません。バックアップのパフォーマンスを劇的に低下させる要因がいくつかある中で、このバックアップ方法にはその要因が複数含まれています。ネットワークのバックアップが遅いと気づいた場合には、ネットワークのバックアップのトラブルシューティング をお考えください。

ディスクイメージのバックアップからシステム全体を復元するには

ディスクイメージのバックアップからシステム全体を復元するにはいくつかの課題が挙げられます。特に、復元を実行するには起動元となるその他のmacOSをインストールすることが必要です。Time Capsuleまたはその他のネットワークデバイスでディスクイメージのバックアップから起動することはできません。大惨事の中でバックアップに頼らなければならなくなる前に、この物理的な移動に関する課題を解く対策を準備しておいてください。詳しくは、ドキュメントのディスクイメージから復元するにはをご参照ください。

Tags: