Product: 
ccc6

macOS Big Surの発表に伴い、AppleはMac OS X (10) を廃止し、macOS 11をその代替としました。数値の違いが示すように、これはAppleが約20年前にMac OS Xを導入して以来、macOSへの最大の変化です。新しく、システムは暗号で封印された "署名付きのシステムボリューム"にあります。その封印はAppleだけが適用でき、システムボリュームの通常のコピーはAppleのシールがないと起動可能にはなりません。macOS 11のシステムボリュームの機能するコピーを作成するには、Appleのツールを使用してシステムをコピーするか、またはバックアップにmacOSをインストールする必要があります。CCC 6は、デフォルトでは、Big Surの起動可能なバックアップを作成することはありません。しかし、“古い起動可能なバックアップのアシスタント”を使うと、その機能を利用できます。

起動可能なバックアップはmacOS Big Surでどう異なりますか?

“古い起動可能なバックアップのアシスタント”から設定された場合、CCCはAppleのAPFSレプリケーターユーティリティー、“ASR”を使って、起動ディスクの初期の起動可能なバックアップを確立します。Appleのユーティリティには、これまでの古いOSにおいてCCCで慣れ親しんだほどの柔軟性がありません。特に、このユーティリティはコピー先が消去されること、およびすべてがソースからコピー先にコピーされることを要求します。Big Surで起動ディスクの古い起動可能なバックアップを設定する際、CCCはいくつかのオプションを提供します。オプションは、お使いのコピー先デバイスのサイズと使用中のフォーマットによって異なります:

  • 起動可能なバックアップを作成するために、CCCがコピー先を消去することを許可する
  • 新しい、専用のバックアップボリュームを既存のAPFSコピー先に追加する (十分な空きスペースがある場合)
  • 標準バックアップで続ける (これはお使いのデータ、アプリケーション、およびシステム設定のすべての完全なバックアップです)

これらのオプション、および最初の“フルボリュームのバックアップ”を実行する際に予期すること、についての詳細は、macOS Big Surの古い起動可能なバックアップを作成するにはをご覧ください。

CCCのバックアップからデータを復元するには、CCCのバックアップは起動可能である必要がありますか?

いいえ。起動可能であることは、起動ディスクに問題が起きた場合に作業を継続できるという利便性はありますが、CCCのバックアップからデータを復元するためには必須ではありません。CCCを使ってシステムの起動ディスクから起動中、個々のフォルダと古いバージョンのファイル (例:スナップショットからの) を復元できます。また、CCCのバックアップは移行アシスタントと互換性があるので、移行アシスタントを使って、すべてのデータをmacOSのクリーンなインストール (例:置換ディスクの)に復元できます。

関連リソース

CCCは初期の起動可能なバックアップを確立した後、コピー先のシステムボリュームを最新の状態に保持しますか?

いいえ。弊社はこの機能を提供したいのですが、そうするには、いくつかの受け入れ難い妥協が伴います。AppleのAPFS 複製ユーティリティ(ASR) の柔軟性が不足しているせいで、ASRを使ってシステムとDataボリュームを両方一緒にクローンすることで、コピー先のシステムボリュームのみがアップデートされます。そして、それには、OSアップデートがソースに適用される度に、コピー先を消去することが含まれます。そうすることで、コピー先のすべてのスナップショットが削除され、通常のインクリメンタルなバックアップよりもかなり時間がかかることになります。

幸い、コピー先でシステムボリュームをアップデートすることは、それほど頻繁にする必要も、前もってする必要もありません。必要な場合と必要なタイミングで実行できます。シンプルに、バックアップボリュームからMacを起動し、システム環境設定の“ソフトウェアアップデート”からすべてのアップデータを適用できます。この操作は、バックアップから復元する必要が起きるまで延期することもできます。

私のCatalina (または、それ以前) のバックアップをBig Surにアップグレードするにはどうすればいいですか?

MacをBig Surにアップグレード後、かつまちがいなくBig Sur OSを使用すると決めた後に初めて、起動ディスクのバックアップをCCCのバックアップボリュームに再開してください。CCCを開き、それぞれのバックアップタスクを確認して、新しいOSで最初のバックアップをするために何か調整が必要かどうかを確かめてください。

関連リソース