Product: 
ccc6

AppleのAPFSレプリケータは通常処理速度が速く、なんの問題もありませんが、状況によってはうまく(または、まったく)処理できないことがあります。CCCはこれらの残念な結果をできるだけ回避するように動作しますが、もしAppleのAPFSレプリケータが失敗した場合に備えて、以下のことを推奨します。

CCCから“APFSの複製処理を完了できませんでした”と報告がありました

最初のバックアップの試みが失敗した場合、以下の手順を試してください。

  1. Macを再起動します。
  2. 一般的なハードウェアの問題を排除して、 コピー先デバイスがMacのUSBまたはThunderboltのポートに直接接続されているか確認してください (ハブは避けてください)。競合する可能性のあるハードウェアドライバはすべて取り外すことも考えてください。
  3. ディスクユーティリティを開きます。
  4. 表示メニューからすべてのデバイスを表示を選択します。
  5. コピー先ボリュームをマウント解除します。ステップ7で失敗を避けるために、この重複するステップが必要なことが良くあります。
  6. ディスクユーティリティのサイドバーからコピー先ボリュームの 親デバイス を選択します †
  7. ツールバーの“消去”ボタンをクリックしてください。
  8. "ASRDataVolume_xxx"という名前のボリュームが表示されたら、そのボリュームを選択して、ツールバーの ボタンをクリックして削除してください。
  9. CCCに戻り、コピー先セレクタのボックスをクリックして、別のコピー先を選択を選択してください。新しく消去したボリュームをコピー先として選択します。
  10. もう1度コピー先セレクタをクリックして、“古い起動可能なバックアップのアシスタント”を選択してください。CCCがコピー先を消去することを許可するオプションを選択します。
  11. “開始”ボタンをクリックしてください。

† コピー先ディスクに喪失したくない他のボリュームまたはパーティションがある場合は、ディスク全体を消去しないように注意してください。その代わり、このステップではコピー先ボリュームを選択してください。“ボリュームを消去”のパネルに“ボリュームグループを消去”が提示されたら、それをクリックしてください。

APFSの複製処理が繰り返し失敗する場合

AppleのAPFSレプリケータは、macOSのインストールに問題がある場合、ソースのファイルシステムに損傷がある場合、ストレージドライバに競合がある場合、ハードウェアに問題がある場合、またはメディアの読み出しの問題がある場合、失敗します。要するに、現実の状況ではあまり実用的ではありません。CCCのファイルコピー機能は実戦でテストされ、その長い年月の経験を生かし、あらゆる種類の困難な状況を優雅に処理します。

AppleのAPFSレプリケータが仕事を完了できない場合、CCCが標準バックアップを実行するよう設定することをお勧めします。標準バックアップはお使いのすべてのデータ、設定、およびアプリケーションのすべての完全なバックアップです。このバックアップは、お使いのすべてのアプリケーション、データ、および設定をmacOSのフレッシュなインストールに移行するのに最適です(万が一その必要が起きた場合)。ただバックアップを作成するだけでは、データ保護の目的には十分ですが、ソースのどんな問題にも対処できません。

標準バックアップを使って続けるには、コピー先セレクタのボックスのコピー先ボリュームの左上隅にある“X”ボタンをクリックして、現在コピー先として選択されているものを消去してください。そして、もう1度コピー先セレクタのボックスをクリックして、コピー先ボリュームを選択し直してください。

関連ドキュメント

バックアップタスクを停止したら、コピー先ディスクが完全に応答しなくなりました

AppleのAPFSレプリケータは複製タスクのキャンセルをうまく処理できません。このコピー先ボリュームは基本的に壊れていますが、ASRはそのボリュームを消去して、タスク前の状況に戻すということはしません。さらに、コピー先デバイスが完全に応答しないだけでなく、ディスクユーティリティでさえデバイスとボリュームを読み込めません。これは最初の状況よりもさらに恐ろしいですが、ラッキーなことに簡単な解決策があります。

解決策:物理的にコピー先デバイスをMacから一旦接続解除して、再度接続し直してください。コピー先が内部デバイスで、簡単に接続解除できない場合は、コンピューターを再起動するだけで大丈夫です。次に、CCCの“ユーティリティ”メニューからディスクユーティリティを選択し、コピー先を再フォーマットしてください。

この残念な結果は2019年9月にAppleに報告しています (FB7324207) が、まだ返答を待っている段階です。

CCCから、使用中のソースまたはコピー先が読み込み/書き出しエラーを報告していると、報告がありました

AppleのAPFSレプリケータはソースボリュームを非常に低いレベルでクローンします。それは、個々のファイルをコピーする代わりに、ファイルシステムのデータ構造を直接コピーします。このユーティリティが個々のレベルでファイルを検証していないため、メディアエラーやファイルシステムの破損をうまく処理できません(FB7338920)。ASRがメディアエラーやファイルシステムの破損に遭遇すると、クローンタスクは失敗し、コピー先ボリュームは破損状態になります。メディアエラーの存在は、ASRがクローンを完了できる可能性を非常に低くします。従って、ソースまたはコピー先から読み込み/書き出しエラーが報告された場合、CCCはASRユーティリティを使用しません。

解決策:標準バックアップで続けてから、読み込み/書き出しエラーにつながるハードウェアの問題に対処し、その後バックアップからデータを復元することをお勧めします (問題がソースに影響を与えている場合)。

関連ドキュメント