スケジュールしたタスクの実行条件を設定するには

Product: 
ccc5

時間を基にしたスケジュールだけでは、タスクの実行方法を正確に指定するのに不十分なことがあります。CCCには、通常タスクの実行がスケジュールされている時、特定の条件下でタスクの実行を制限する実行条件 を指定できる機能があります。

別のタスクが同じ書き込み先に書き込まれている場合、延期

同一のコピー先ボリュームに書き込む予定でスケジュールされているタスクが複数ある場合、1度に1つのタスクだけがそのボリュームに書き込めるように、他のタスクを待機させるよう設定することができます。この設定を使ってタスクを設定し、スケジュールした実行時間が経過した時、別のタスクが既に同じコピー先に書き込みを始めている場合、CCCはタスクをキューに追加し実行を延期させます。別の実行条件による妨害がない場合、最初のタスクが完了次第、CCCは延期されていたタスクを共有のコピー先ボリュームに書き込みます。

When I boot from my backup, Little Snitch reports that its rules have been replaced by a different version. Why, and how can I avoid this?

Product: 
ccc5

According to ObDev developers, it is crucial for Little Snitch to avoid unnoticed ruleset changes. Little Snitch therefore has numerous mechanisms to detect whether it is using the exact same ruleset file, as in, on the same volume and at the same physical address on that disk. This sort of mechanism makes it impossible for Little Snitch to use the ruleset on the booted backup volume without physical intervention from a user at the system (thus the dialog asking if it's OK to use the current version of rules or to use a default ruleset).

マクロおよびスニペット

Product: 
ccc5
*****
** DNL:Try the beta**

ご使用中のベータ版でこの問題が継続するようでしたら、ご連絡ください。

**ベータ版を入手するには:**

1.CCCのツールバーから**環境設定**をクリックしてください
2.環境設定ウインドウのツールバーから**ソフトウェア・アップデート**をクリックします。
3.**ベータ版についても通知**のボックスをチェックしてください。
4.**今すぐアップデートを確認**をクリックし、アップデート適用のための手順に従ってください。


*****
** DNL:CCC 3.4.7 no longer available**

残念ながら、Mac OS 10.5、またはそれ以前と動作するCCCのバージョンの配信およびサポートは打ち切らせていただきました。いざという時には、ディスクユーティリティを使用してOSとデータを別のディスクにコピーすることができます。

Mac OS X 10.10、およびそれ以降にはCCC 4 が必要ですが、Mac OS X 10.8 - 10.9にもCCC 4を推奨します。

CCC 3.5.7 はMac OS 10.6 - 10.9で動作します。


*****
** DNL:Try the current release**

以下の手順を試しても問題が解決しない場合は、ご連絡ください。

Creating a separate task to prevent VM container versions from bloating the SafetyNet

Product: 
ccc5

If you frequently use virtual machine container files (e.g. with Parallels, VMWare, VirtualBox, etc.), you may find that CCC's SafetyNet folder tends to get very large, very quickly. Every time you open your virtual machine, the monolithic virtual machine container file is modified, and CCC will require that it gets backed up during the next backup task. If the SafetyNet is on, CCC will move the older version of the VM container file into the SafetyNet folder.

Modifying CCC's Security Configuration

Product: 
ccc5

Rather than requiring you to enter admin credentials every time you want to run a task or make changes to a task, CCC only requires you to authenticate once when CCC is initially installed. While this configuration is easier to use, there are situations where this configuration is not appropriate. If you leave your system unattended with an admin user logged in, someone with physical access to your system can modify or run your CCC backup tasks.

高度な設定

Product: 
ccc5

CCCの高度な設定は特定の状況下でとても役立ちます。しかし、日常的な使用に必ずしも必要なものではありません。この設定の中には、リスクを伴うものも含まれていますので、ご使用には充分注意してください。特定の使用条件において以下の説明が不十分な場合は、CCC ヘルプメニューのCCC について質問する…(英語)からお問い合わせください。

高度な設定にアクセスするには、CCCのソースセレクタの下にある高度な設定をクリックしてください。

高度な設定ボタン

バックアップタスクからファイルとフォルダを除外するには

Product: 
ccc5

CCCはソースとして指定されたフォルダやボリュームからすべてをコピーするようデフォルト設定されています。ソースからすべての項目をコピーしたくない場合は、どの項目をコピーするかを制限するタスクフィルタを定義できます。ソースセレクタの下にあるポップアップメニューから いくつかのファイルをコピーを選択し、“タスクフィルタ”のボタン (Task Filter button icon) をクリックして、“タスクフィルタ”パネルを開いてください。

Restoring from a disk image

Product: 
ccc5

You can access the contents of a disk image the same way that you access other volumes and external hard drives on macOS. Double-click on the disk image file to mount its filesystem, then navigate the filesystem in the Finder to access individual files and folders. If you have the permission to access the files that you would like to restore, simply drag those items to the volume that you would like to restore them to.

Backing up to/from network volumes and other non-macOS-formatted volumes

Product: 
ccc5

In addition to backing up to volumes formatted with the macOS standard HFS+ or APFS format (collectively referred to as "macOS-formatted" from here forward), CCC can copy user data files to network volumes (e.g. AFP and SMB via macOS and Windows File Sharing) and to other non-macOS-formatted volumes such as FAT32. Non-macOS-formatted volumes are presented in CCC's Source and Destination selectors in the same manner as macOS-formatted volumes, so there are no special steps required for backing up to or from these filesystems.

Some files and folders are automatically excluded from a backup task

Product: 
ccc5

Carbon Copy Cloner maintains a list of certain files and folders that are automatically excluded from a backup task. The contents of this list were determined based on Apple recommendations and years of experience. The following is a list of the items that are excluded along with an explanation of why they are excluded.