データのみのバックアップを作成および復元するには

Printer-Friendly Version
Product: 
ccc5

データのみのバックアップはお使いのすべてのデータ、設定、およびアプリケーションの完全なバックアップです

場合によっては、CCCはmacOSの起動ディスクのデータのみのバックアップを作成します。AppleがmacOS Catalinaで導入したAPFSのボリュームグループについて馴染みがない場合には、以下から詳細をご覧ください:

APFSボリュームグループを動作させるには

データのみのバックアップを作成するために、CCCはそのAPFSボリュームグループ内のDataボリューム全体をコピーします。システムボリューム(その中にはmacOSインストーラによってインストールされた約12GBのみの読み出し専用のシステムファイルが含まれています)、はコピーされません。データのみのバックアップは起動可能ではありませんが、そこにmacOSをインストールすることで、バックアップを起動可能にできます。または、データのみのバックアップをソースとして移行アシスタントに使用できます。

データのみのバックアップを作成するには

場合によっては、CCCはタスクを自動的にデータのみのバックアップに設定することがあります。以下のステップを実行すると、データのみのバックアップを手動で設定することができます。

  1. 最終的にバックアップを起動可能にしたい場合は、 ディスクユーティリティでコピー先ボリュームをAPFSとして消去してください
  2. CCCのツールバーから サイドバーを表示のボタンをクリックします
  3. CCCのサイドバーからソースセレクタにMacintosh HD - Data ボリュームをドラッグします
  4. コピー先セレクタをクリックして、コピー先を選択してください

macOSをデータのみのバックアップにインストールするには

データのみのバックアップが非暗号されたAPFSボリュームにある場合、macOSをバックアップディスクにインストールすることで起動可能にできます。

  1. macOSインストーラをダウンロードして開きます: [Catalina]
  2. ディスクを選択するように促されたら、 すべてのディスクを表示… をクリックして、お使いのバックアップディスクを選択してください
  3. 続けて、macOSをバックアップディスクにインストールしてください

移行アシスタントを使ってデータのみのバックアップからデータを移行するには

macOSインストーラがmacOSをバックアップディスクにインストールすることを許可しない場合、移行アシスタントを使って、データをデータのみのバックアップからmacOSのクリーンなインストールに移行できます。例えば、起動ディスクが壊れている、または置き換えるのが難しい場合、以下のステップに従ってmacOSを再インストールして、データを復元できます:

  1. “Commandキー”と“R”を押したままMacを起動して、復旧モードに入ってください
  2. ディスクユーティリティを使って、Macの (新しい) 内部ディスクをAPFS として消去します (詳しい方法は この Kbase 記事を参照してください)
  3. ディスクユーティリティを終了します
  4. macOSを再インストール のオプションを選択し、macOSを新しいディスクにインストールします
  5. macOSが新しいディスクで最初に起動する際、データを移行するか確認されますので、移行することを承認してください
  6. 移行のソースを選択するよう促されたら、CCCのデータのみのバックアップボリュームを選択してください

データのみのCCCのバックアップタスクをシステムに含めるように設定するには

有効で、起動可能なバックアップボリュームが確立されると (例えば、macOSをデータのみのバックアップにインストールすることで)、CCCにコピー先のシステムボリュームをアップデートするようタスクを再設定できます (必要に応じて)。同様に、データのみのバックアップタスクを誤って作成した場合は、以下のステップを使って、通常の、起動可能なバックアップのためのタスクを設定し直すことができます:

  1. ソースセレクタの X ボタンをクリックして、現在ソースに選択されているものを削除します
  2. ソースセレクタをクリックし、Macの起動ディスクをタスクのソースとして選択してください

CCCは、起動可能なクローンの設定が現在のソースとコピー先と可能かどうかを決定します。設定が承認されたら、タスクを保存して、完了です。設定に変更が必要な場合は、CCCからオプションが提示されます。

注意:Big Surを使用している場合、Appleが プロプライエタリAPFS複製ユーティリティの問題 をそのOSで解決するまで、この設定は使用できません。